英単語の学習法

私は、英単語の強化をいつも強調しています。英単語を覚えるのは大変な作業ですが、単語を知っていることが英語を理解する第一歩だと思います。まずは単語力、基礎文法を徹底強化しつつ、リスニング、リーディングを並行するのが、ほとんどの英語学習者にお勧めの方法です。ここでは、語彙強化に関する私の考え方をまとめます。

日本人で英語が苦手と言う人の多くは、致命的に英単語力不足な場合が多々あります。残念ながら英単語が分からなければ、読めない、聞き取れないのは当然ですよね。英単語を覚えるのは簡単ではありませんが、一番効果を実感しやすい部分でもあります。確かに英単語の暗記は大変で、退屈です。でも最初のその一歩を歯を食いしばって頑張るだけで、英語の世界が大きく変わります。読んでいても、聞いていても、勉強した単語が出てくるのは嬉しい物です。これは覚えた人にしかわからない事ですが、3000語くらい覚えてしまえば、知らない英単語は激減します。

おすすめの単語帳はこちら

英単語の覚え方ですが、最初は「日本語→英語」の順でいいですから、単語を見た瞬間に日本語が出てくるまで、繰り返しトレーニングしてください。この瞬発力が大切なんです。頑張って思い出せる単語というのは実際には使い物になりません。appleと聞くと「りんご」がすぐ浮かぶように、他の単語もそのレベルまでトレーニングしてください。とりあえずは一つの意味でいいです。そのためには、
1、単語帳の日本語訳ページを手で隠して、ひたすら「英語→日本語」を声に出すことを、瞬時に出てくるようになるまで繰り返す、
2、単語カードで暗記する。表を見て、すぐ訳が浮かぶまでトレーニングする。
のどちらかがいいと思います。ここで大切なのは、繰り返した回数です。同じ単語に出会った数だけ覚えるチャンスが増えます。覚えにくいものだけ、回数を増やせる点で単語カードが一番優れていると思います。

大変だとは思いますが、最初の一歩は暗記なのです。その単語があなたの意識のそこに沈むまで繰り返してください。コツは、一度に覚えられないのは当然なので、忘れては覚えてを繰り返すことです。特に理想的には、忘れかけの状態で(完全に忘れる前に)思い出すことです。例えばいきなり3000語覚えようとすれば、単語帳が終わった頃には、前半は完全に忘れています。そうではなく、「300覚えたら最初に戻る、を何度も繰り返して、ある程度定着してから次の300に行く」方がいいです。しかも、その方針で「900まで行ったら、最初の900をまとめてチェック」のように、前にもどりながら進んでください。これは完全に忘れたのを覚えなおすのと、うる覚えの物を固めなおすのでは労力が全然違ううえに、その後の定着度も違うからです。完全に忘れてしまっては、やる気もうせてしまいます。

最後に、「単語は文脈で覚える」という考え方についてです。これも重要ではありますが、「単語は短期集中で覚えて、それを文脈で確認することにより、定着させ深めていく」というのが私のおすすめです。単語は忘れた頃に繰り返すのが基本です。しかし、単語帳で300個の単語を確認するのは数時間でできますが、300単語分の単語が出てくる長文を読みながらチェックしたら、かなりの時間がかかってしまいます。基本3000単語を、その単語を覚えるのに十分な回数出会うだけ、洋書を読むとしたら、相当量を読む必要がありますが、単語がわからない状況で、それをこなすのは想像を絶する大変さです。またその方法では、先ほど強調した単語の瞬発力が鍛えるのが難しいです。「あそこで出てきた・・・・」っと思い出すような単語力では、リスニングだったら思い出しているうちに、先に進んでしまいます。

ただし、たくさん読むことを批判しているのではないので注意してください。それ自体はすごく良い事だと思います。ただし、初心者のうちはそれと単語の学習と一緒にしていると、伸び悩むと思います。英単語を瞬時に思い出せるようにトレーニングをすることで、英語力は短期間でも急激に伸びます。さらにそこから色々な文章を読んだり聞いたりした際に出会うことによって、その単語への理解が深まり、上級者への道も開けてきます。