TOEIC Part 5 短文穴埋め問題

TOEIC Part5は選択式の文法・語彙問題の40問です。しかし、実際は全体の70%は語句問題だと言われています。語句問題とは単語や、熟語、慣用句などの知識を問う問題です。ですので、日頃の語彙強化が大切です。語句問題は知っていいれば一瞬で解けますが、知らない人は考えても解けないのに、考えて時間をつぶす危険性があります。実はPart5や6は点数だけでなく、解答時間でも差が付くパートです。それが結果的にPart7に響くため、非常に大きな差がつきます。そのため、このパートの対策は非常に重要です。語彙問題以外でも、出題パターンが結構決まっていますので、それに慣れているかで時間に差が付きます。対策は、
1、日頃からの語彙強化に努める。
2、「TOEIC教材」のページで紹介しているような問題集で、徹底的に問題慣れし、最低一問平均30秒で解答できるようにする。
一問30秒はリーディングをしっかり解くための最低ラインです。理想的にはもっと速く解いてリーディングを楽にしたいところです。TOEICで高得点を取っている人から見れば、文法問題は考える物ではありません。見た瞬間になんとなく答えが分かる物です。そのためには問題集の徹底的な繰り返しが大切です。考えてもいたずらに時間を使うだけなので、悩んだら捨てるのも大切です。