英語リーディングの学習法

次はリーディングについてです。日本人にとってのリーディングの最大の課題は(語彙力を除けば)スピードだと思います。リスニングと同じ速さで読めないものは、当然聴いても分かりません。読む速さを上げることが、リスニング力の向上、英語力全体の底上げにつながります。リスニングと比べて良い点は、リスニングはたくさん聞こうと思うと、聞いていてなんとなく分かった気になってしまいがちな一方、リーディングの場合、とりあえず細部まで自分のペースで目を通せますので、深い理解でトレーニングできることがあると思います。なので、初学者は精聴と多読の組み合わせがいいと思います。返し読みしながらじっくり読むのではなく、できるだけ決して返し読みせず、左から右に流れることを意識してください。それができれば、音がどんどん進んでいってしまうリスニングにもついていけるようになりますので。辞書を使うかどうかについては、そんなにこだわる必要はないと思います。気になったら調べる程度で。

右から左に読み進める練習はサイトトランスレーションも役立ちます。

次に、何を読むかですが、基本的に簡単なものをオススメします。読書好きの人は、親子で始める 英語100万語!(日本実業出版社)のやり方で好きな洋書を読んでいくのが一般的ですね。

私は、文学より最近の話題を読むほうが好きなので、ネットのニュースをキンドルで読んでいます。キンドルを使う理由は、ipad, iphoneより目に優しく、辞書機能が使いやすいからですが、ipad, iphoneのキンドルアプリでも構いません。

ネットのニュースをキンドルに取り込む方法はこちらのサイトを参考にしました。
Kindleを最高の「新聞端末」にする!

私はこれで、VOAとJapanTimesのウェブのニュース記事が毎日自動でKindleに入るように設定しています。