どのスキルを優先するか

英語をリスニング・スピーキング・リーディング・ライティングに分けて考えた時、何から手をつけるべきでしょうか?

自分が発音できる音は聞いても理解できますし、自分が作れる文は読んでも、聞いても理解が早いですよね。
それぞれのスキルが相互に助け合いますので、すべて並行するのが理想ではあります。

ただ多くの人には時間的に厳しいだろうと思いますので、ここではあえて優先順位をつけてみます。

まず第一に一番最初にやるべきこと、それは語彙強化だと思います。これは上記4つすべての底上げにつながるからです。人によっては、読んだり聴いたりしながら出会った単語を文脈の中で覚えるべきだという人もいます。でも知らない単語ばかりだと、読んでも聞いても挫折してしまいやすいのも確かだと思います。ぜひ一度は単語帳に立ち向かい、せめて一冊は覚えることを私はおすすめします。具体的な学習法は英単語の学習法を見てください。一冊覚えてみると世界が変わります。これは覚えた人にしかわかりません。是非試してみて欲しいと思います。それで土台ができれば、その後はいろいろ読んで増やしていくことも出来ると思います。

そして次に私は、ここは難しいところですが、初級者はリーディングよりはリスニングだと思っています。リスニングの良い点は、音はすぐに消えてしまいますので、リーディングのように返し読みができないことです。前から後ろに進んでいく、これは英語学習では非常に大切なことです。また、日本人の多くがリスニングの方が苦手ということもあります。ただし、読んで分からないものは、聞いてもわかりませんので、リーディング、リスニングに関しては、どちらも大切と言わざるを得ないです。

つぎに、ライティングとスピーキングについてです。特に事情がなければ、スピーキングのほうが優先だと思います。仕事とか日常的に書かなくてはいけない人は別ですが、何か書かなければならないときは、調べられますし、いざとなればチェックしてもらう事もできます。あと、スピーキングとリスニングは表裏一体で、一緒に伸ばしたほうが効率がいいと言えます。英会話学校とか行かなくても、シャドウイングとかリプロダクションのトレーニングがおすすめです。

結局私としては、語彙が最重要、リスニング、リーディングが続いて、次がスピーキングになりました。