Category Archives: 英語教材:役立ちそう

スピードラーニング分析

スピードラーニングメーカー解説(引用)
 学生時代に英語の勉強はしたのだけれど、英語が話せない…と実感している日本人は多いと思います。英語を教科・受験科目としてとらえてきたので「英語は難しい」というイメージがあります。また、自己主張をするのが下手な私たち日本人は、英語や外国人に対して苦手意識が先に働いてしまい、その気持ちが英語を話せなくさせる原因となります。こうした英語に対する壁をすべて取り除いてくれるのが、聞き流すだけの英会話教材『スピードラーニング』です。今までにはない、もっともやさしく、英語を自然に身につけられる画期的な英語教材です。

スピードラーニングの最大の特長は、ただ聞くだけで英語が身につけられるところです。従来の学習法は机に向かって暗記したり、文法を重視しながら学習することに集中してきましたが、英語を話せるようになるためには、まず聞き取れるようになることが大切です。赤ちゃんが言葉を習得する過程がそうであるように聞き続けることで話す能力に発展します。スピードラーニングは気楽に聞き続けられるように、また生活の中で自然に聞けるように工夫されています。

スピードラーニングは4秒以内の会話をひとかたまりにして、英語の後に同じ内容の日本語が続いて録音されています。ですから辞書を引くわずらわしさもなく、英語の意味がすぐに分かり、内容を楽しめます。 英語→日本語の順番で聞くことには大きな理由があります。第1には英語を聞いてすぐにイメージが描けるように、第2には日本語が先では、頭の中で日本語→英語に訳そうとしてしまうので、それを防ぐためです。英語→日本語の順なら、英語に対する勘が働くようになり、次第に英語をそのまま英語でとらえられるようになります。

リラックス状態でテープ(CD)を聞くことができるように、BGMにはクラシック音楽を使用しています。バロック音楽をはじめとし、ある種のゆるやかな旋律にはスピードラーニングの英語を吸収する際に必要な学習効果を高めるリラックス効果や脳波のアルファー波を増長する効果があります。

外国人と話してみて感じることは、日常で使っている英語はとても速いということです。ゆっくりとした英語に慣れてしまっては、実際に外国人と話したときに戸惑いを感じてしまいます。ですから、初めからナチュラルスピードに慣れることが大切です。スピードラーニングは、実践的な英語を身につけていただくために、ナチュラルスピードの会話がそのまま録音されています。

英語を耳から慣れてもらうために、スピードラーニングのテキストは1ヵ月遅れでお送りします。初めから文字に頼ってしまう従来の学習法は避け、まずは聞くことに集中してください。

一度に多くの教材を送られても、やる気が出てこなかったり、また同じ英語教材ばかりを聞いていても飽きて集中力がなくなることがあります。そこでスピードラーニングは1ヵ月ごとに新しい内容の教材をお届けするシステムです。

スピードラーニングの長所
・教材のすばらしさ。アメリカの文化も自然に学べる。・文字より、音から学習できる。

・テキストなしでも学習できる。

・途中退会ができて、無駄にお金を使わなくて済む。

スピードラーニングの短所
・「聞き流すだけ」を強調しまくる広告?この教材はもっと使い方があると思う。・ナチュラルスピードと言ってはいるが、ナチュラルスピードより遅い。
スピードラーニングに関して私のコメント
 この教材は非常に良く練られた教材で、日常英会話を学ぶには最適な教材だと思います。また、自然にアメリカの文化背景も身に付けることが出来ます。私は「聞き流すだけ」という学習法には反対ですが、この教材を聞き込んで、さらに音読することにより、会話力を磨くことが出来ると思います。