Category Archives: 英語教材:中立

マジックリスニング

マジックリスニングメーカー解説(引用)
・なぜ英語が聞き取れないのか
英語と日本語では使用される周波数帯域が大幅に異なるからです。日本人は500~1000ヘルツ前後の音(主に母音)に対しては敏感に反応します。しかし、英語には、日本人には認知されにくい2000ヘルツ以上、場合によっては1万ヘルツ以上の音が含まれているので、そのあたりの周波数帯の音(子音)に対しては、なかなか敏感に反応ができません。

さらに詳しく言えば、日本語では常に子音と母音が対になって、音を構成しており、子音は弱く曖昧に発音されるのに対し、母音が強く長く発音されます。 そのため、日本人には母音ばかり選んで聞き取る癖があり、子音が聞こえにくいのです。つまり、日本人にとって高周波の音(子音)は、あまり使われない領域なので、実際に耳に入ってきても、無意識のうちに耳(正確には脳)が勝手に排除してしまっているのです。だから、「日本人には聞こえない音がある あるいは、「聴こえているはずなのに、認識できていない音がある、と言えるわけです。

さらに恐ろしいことに、我々は、英語を聞く時も、子音の後には必ず母音がくっついてくる、と無意識に予測(日本語的予測)してしまいます。 そして子音だけで終わっている音の終わりに、本来無いはずの母音を加え、英語本来の音を全く別の音に置き換えてしまいます。それによって英語のリズムも把握できなくなってしまうのです。
ですから、日本人特有の音の聞き取りのクセ(周波数の問題、日本語的予測)を治さない限り、いくら英語を聞いてもなかなか上達しません。

これら2つの問題を同時にたった12日間で解決し、英語耳をつくるのがこの、科学的聴覚トレーニングシステム、マジック・リスニングなのです

・マジックリスニングの効果
利用者は、CDを専用ヘッドフォンで聞きます。この音楽には特殊な処理がしてあり6キロヘルツから4キロヘルツ以下の周波数を持つ音を取り除いてあり、非常に周波数の高い音になっています。
また、音の日本語的予測を断ち切るために、音が聞こえてくる方向が、不規則に左右に移動するような仕掛けもあります。

この特殊な処理音を繰り返し聞けば、①認知周波数領域が広がり子音がハッキリと聞き取れるようになり、②音の日本語的予測が断ち切られるため、英語のリズムもスムーズに受け入れられ、英語の音がはるかに聞き取りやすくなります。

欧米人と同じように、高い周波数の子音をうまく認識できるように養成する事と、日本人の聴覚の予測や思い込みを断ち切る事を短期間で、しかも同時に達成してくれるシステムが、マジック・リスニングなのです。 国際応用言語学会世界大会で効果が実証され、その後も大手企業や大学での数多くの実験で、いずれも高い成果を出し、累積販売台数は6万台を突破した信頼性の高いシステムです。   トレーニングは方法は簡単です。専用ヘッドホンで、付属のCDの音楽を1日1時間、リラックスしながら聞き流すだけ!わずか12日間で英語耳の完成です!

製品には無料体験版がついていますので、試聴してみて気に入らなければ8日以内返品可能です。

マジックリスニングの長所
1、科学的根拠がある。日本語と英語の周波数の違いは科学的に証明された事実のようです。この教材と関係ないテレビや本でも見たことがあるので間違いないと思います。ただし、日本人に聞き取れない音が存在するのは証明されていても、この教材で克服できるかは別問題です。

2、メーカーHPを見る限り、効果を試した実験結果にも信憑性がある。

3、ヘッドホンの性能が良くその後も利用できる。

4、12日間しかないから楽。

マジックリスニングの短所
1、何といってもマジックリスニングは値段が高い。

2、効果がなくても「個人差」で片付けられてしまう。

3、12日間で効果がなければ、3,4ヶ月空けなくてはならない。

4、高音域が聞き取れるヘッドホンなら他でも変える。

マジックリスニングに関して私のコメント→マジックリスニングの詳細
 私の個人的な意見は、マジックリスニングで12日間勝負!・・・よりはヒアリングマラソンをこつこつの方がいいと思います。そもそも音が聞き取れるのと、リスニングはまた別問題ですし。音が聞き分けられても意味不明じゃあ意味ないですよね。ですから、あくまでも他の英語学習をしっかりやっていて、どうしても英語特有の音が聞き取れない、もしくは、英語にかけられるお金に恵まれている方は試してみてもいいと思います。