Category Archives: リスニング

リスニング・ヒアリング教材

リスニング教材の場合、市販の本よりも通信教育をお勧めします。同じものを何度も聴くということは、初心者のうちはとても大切なことです。同じ教材をディクテーションしたり、シャドウイングしたりして、やり尽しましょう。その一方で、徐々に多様な英語に触れることも大切です。

そして、リスニングは特に継続が大切なので、面白くて続けられるものを選んでください。そこで私は、毎月新しい内容が更新されるという意味で、ヒアリングマラソンかイングリッシュアドベンチャーをお勧めしたいと思います。ヒアリングマラソンは、内容が英語的に自然で、話題も面白く、教材としては申し分ないのですが、値段が高いのが欠点です。といっても一年分の値段なのですが。私としては一押しはヒアリングマラソンです。話題が豊富で、毎月テストもあり、一年間飽きずに続けられる教材だと思います。

また、飽きずに続けるという意味ではイングリッシュアドベンチャーもお勧めです。ストーリーが面白くて、翌月が楽しみになればこっちのものです。また、途中退会もできますのでお金も無駄になりません。ただし、これは朗読なので、自然さではヒアリングマラソンが上です。

リスニングのトレーニング方法についてはこちら

1、「ヒアリングマラソン」
私が英語学習を始めた当時、明らかに劣っていたのがリスニングでした。そこで一番最初に始めたのが、このヒアリングマラソンでした。この教材の良い点は、テキストの内容が比較的易しいものから難しいものまでバラエティーに富み、一年間飽きなく続けられる事だと思います。しかも、だんだん自分のお気に入りのパートが易しい物から難し目の物に変わっていき、自分のレベルアップを感じながら続けることができました。

リスニング学習の大きな特徴は、必ずしも同じ教材を繰り返せばよいというわけではない点です。同じものを繰り返し聞くのも大切ですが、色々な話題で、新しいものを聴くことも大切です。だからといってスクリプトがないようなニュースを聞いても初心者にはきつすぎます。そこで、毎月旬の話題が教材になって届けられるこの教材は私の一押しです。私は全く飽きずに続けられて、毎月のmonthly testも全部出し切りました。

また、この教材には別冊でイングリッシュジャーナルという雑誌とそのCDが付いてきます。これは、有名人のインタヴューや本場のニュースが収録されています。まさに生の英語で、レベルも高いのですが、英語を学習する以上生の英語が理解できるようになりたいと私は考えています。そして、このレベルで普段勉強しているとTOEICのリスニングなどは非常に簡単に思えるようになります。また、初級者用や中級者用もあります。
ヒアリングマラソン 中級コース
ヒアリングマラソン・ベーシックkikuzo!

2、イングリッシュアドベンチャー
これは、シドニーシェルダンの小説の朗読CDとテキストのセットです。12巻まであって、一月に1巻です。ヒアリングマラソンと違って、いつでも途中退会できるという利点があります。一番人気の初級編、家出のドリッピーのことは、私は知りません。私は初中級のコインの冒険と、中級の追跡をやりました。

コインの冒険はオススメです。一枚の25セントコインが人から人へ渡っていくなかで、その人々の運命を変えていきます。コインを中心に描かれる登場人物も個性的で、翌月が待ち通しいくらい楽しかったです。そうなってしまうとそれ以上のリスニングトレーニングはありません。 小説を楽しめる人には絶対オススメです。

それと比べると、追跡は後一歩でした。面白くないわけではないのですが、一人の主人公を中心に進んでいく話が、少しワンパターンでした。ちなみに、上級はシドニーシェルダンの名作ゲームの達人です。