Category Archives: 英語教材:かなりオススメ

ヒアリングマラソン(アルク)

ヒアリングマラソンアルク)メーカー解説(引用)

1、鮮度抜群の生きた英語を毎月お届け
30年以上にわたり、毎月、最新の話題を学習素材として編集し、英語教材としてお届けしています。多彩なジャンルの様々なコーナーで構成されているので、どこからスタートしてもOK! 自由度の高い学習ができるのも魅力の一つです。

2、「多聴」と「精聴」のバランス学習で学習をより効果的に
英語は「聞き流す」だけでは身につきません。大量に英語を聞いて、全体の大まかな把握を目指す「多聴」と、内容の正確な理解を目指す「精聴」。この2つのバランス学習を行うことで、生きた英語を聞き取る力を効率的に身につけます。

3、多彩なジャンルの英語表現をカバー
聞き取る力はもちろん、海外の文化や社会についての背景知識も深められる海外ニュースのコーナー、話題の映画で生きた英語表現に触れられるコーナー、セリフがそのまま会話に使えると評判のラジオドラマなど、多彩な英語素材を楽しみながら、トレーニングが続けられます。

3、TOEIC形式のテストで英語力の伸びを毎月チェック
受講中は毎月、TOEICテストのリスニングパート形式のテストで英語力の伸び、学習成果を確認。WEB採点サービス「テストコ」で、パソコンやスマホからも簡単に提出、採点して結果をお返しします。

ヒアリングマラソン(アルク)の長所
・毎月新しくアルクで作られたテキストが作られ、旬の話題が満載。そのため飽きずに何年も続ける人も多い。・ヒアリングマラソンではアルクが練ったトレーニング方法が説明されていて、自己流より効率がいい。・ヒアリングマラソンは精聴と多聴のバランスを良く考えて作られている。

・毎月のテストがモチベーションになる。

ヒアリングマラソン(アルク)の短所
・ヒアリングマラソン(アルクの通信講座全般に)は値段が高い?一年で53,784円。と言っても一月当たり4,482円であれだけの教材はかなり安いと私は思いますが、途中でやめることが出来ない分、続けられるか不安な方には高く思えるかもしれません。
・毎月こつこつ続けなければ意味がないので、通信講座が続かない方には向かないかもしれません。ちなみに私は、Z会も同じアルクのボキャビルマラソンも挫折しましたが、ヒアリングマラソンだけはやりきりました。

ヒアリングマラソン(アルク)に関して私のコメント
私のヒアリング力の基礎を作り上げたのが、このアルクのヒアリングマラソンです。私の場合一年で全くヒアリング力が変わりました(その間ヒアリングマラソンしかやらなかった訳ではありませんが)。アルクの中でも一番すばらしい教材だと思います。一年間このような真面目な講座に取り組めば、出来るようになるのは当たり前かもしれませんが、内容が面白くて飽きずに続けられたのはヒアリングマラソンの質だと思います。アルクの通信講座は途中退会が出来ないのがネックではありますが、私の一押しです。